menu
menu

お知らせ

News

PayPayカードを最短1分でApple Payへ設定可能に

~ Apple Payへの設定が、PayPayアプリ内で完結!カード情報の入力が不要になり、より簡単な設定が可能に ~

2024年5月23日
PayPay株式会社
PayPayカード株式会社

PayPay株式会社(以下、PayPay)とPayPayカード株式会社(以下、PayPayカード)は、2024年5月より、キャッシュレス決済サービス「PayPay」のアプリ内でApple PayへのPayPayカード(PayPayカード ゴールドを含む)設定が可能になりましたのでお知らせします(※1)。これにより、今までiPhoneの「ウォレット」アプリから設定する場合に必要だった、カード番号や有効期限、セキュリティーコードなどの入力が不要になり、PayPayカードをPayPayアプリや、ミニアプリ(※2)「PayPayカード」から最短1分でApple Payへ設定できるようになりました。

PayPayカードをiPhoneのApple Payに設定しておくことで、クレジットカードを財布から取り出したり、暗証番号を入力したりすることなく、タッチ決済および「QUICPay™(クイックペイ)」で簡単、便利に決済が完了します。また、Apple PayでのPayPayカード利用も、「PayPayステップ」の達成条件である決済回数、金額のカウント対象となり、かつ、「PayPayステップ」の達成状況に応じて「PayPayポイント」が決済金額の最大2.0%付与されます。

img_applepay_registration1.png

【Apple Payの設定方法(イメージ)】


ミニアプリ「PayPayカード」は、PayPayアプリからスムーズにPayPayカードの入会や「PayPayクレジット」の利用申込や登録ができるほか、PayPayカードの会員が請求金額、カード番号などを簡単に確認できる機能です。3月より、カードの決済機能を自分で制限できるサービス「あんしん利用制限」も「PayPayカード」ミニアプリから利用できるようになったことに加えて、今回、Apple Payへのカード設定がミニアプリ内からも簡単に実施可能になったことで、よりPayPayカード会員の利便性が向上しました。

「PayPay」の定常特典である「PayPayステップ」の達成条件となる決済回数および決済金額のカウントと、達成した場合の「PayPayポイント」付与率は、PayPayカードでお支払いいただいた場合(Apple PayでのPayPayカード利用も含む)もそれぞれカウント、適用されます(※3)。「PayPay」が使える店舗では「PayPayクレジット」で、「PayPay」が導入されていない店舗でも、クレジットカードが使える場合はPayPayカードで決済することで、より「PayPayステップ」を達成しやすくなり、また、決済金額の最大2.0%の「PayPayポイント」を貯めることが可能です。

※1 PayPayアプリを最新のバージョン(4.44.0以降)にアップデートしてご利用ください。なお、事前にPayPayカードをPayPayクレジットに設定している必要があります。Apple Payへの設定について詳しくはこちらをご確認ください。
※2 PayPayのパートナー企業が提供するサービスの予約や商品の注文、支払いなどがPayPayアプリからスムーズにできる機能です。
※3 PayPayクレジット利用設定済みのPayPayカード、PayPayカード ゴールドの利用に対してPayPayステップを適用します。PayPayアプリを介してのPayPayカードによるお支払いは対象外です。
なお、家族会員のアカウントでのお支払いは家族会員にカウント・付与されます。詳しくは「PayPayステップ」のページをご確認ください。

img_applepay_registration2.png

PayPayカードとPayPayはこれからも、ユーザーファーストの視点で、ユーザーの満足度向上と、より便利でお得な体験ができるサービスの創出を目指し、日本で圧倒的なスタンダードとなるキャッシュレスサービスをお届けしてまいります。

※ このプレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。